たけい行政書士事務所について

竹井 進 Susumu Takei

行政書士
竹井 進 Susumu Takei

プロフィールはこちら

  • 1978年5月生まれ 岡山県高梁市出身
  • 岡山大学大学院文学研究科修了(文学修士)
  • 平成17年 広島国税局入庁
  • 以後約10年間、岡山・福山の税務署に勤務、法人税調査担当
  • 平成27年4月 岡山県行政書士会登録

趣味は料理、ランニング、釣り、ゴルフ一児の父として子育て奮闘中!

―何気ない日常を守りたい―

例えば、ご家族が悪質な訪問販売等の被害にあったとき。
お子様が友達と喧嘩をして相手にけがをさせてしまったとき、いじめの被害に遭ったとき。
よく分からない請求や納税の通知書が来たとき。
日常生活の中で法律を意識するのは、突然のトラブルに見舞われた時だと思います。
そしていざ法律の知識が必要になったときには、問題がこじれていたり、既に手遅れになっていたり。

「もっと早く誰かに相談していれば」

「でも、誰に相談すればいいんだろう」

そんな不安にお応えすべく、この事務所を立ち上げました。
トラブルが発生したときはもちろん、何か新しいことを始めようとすれば、必ず法律の知識が必要になります。
そんな時、あなたに寄り添う「便利屋」として、どんなご相談にも対応します。
もちろん相談料は頂きません。お金のことは気にせず、たくさんお話していただきたいからです。
お話の中から問題の要点を抽出し、少しでもみなさまのお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。

起業理想の企業を目指して

ひと口に「起業」と言っても様々な組織形態が考えられます。また、業種によっては開業にあたって行政の営業許可が必要になる場合もあります。

開業資金の工面や補助金の獲得、物件の決定、消防署や保健所の検査…頭を抱えてしまうような悩みと手間を、当事務所が全力サポートいたします。

理想の起業のために、是非お役立てください。

起業

継続安定した経営のために

重要なのは開業後です。しっかりと利益を出し、生活の基盤が安定しなければ、起業が成功したとは言えないはずです。

そこで当事務所では、開業に必要な各種手続きを代行するだけでなく、開業後の経営についてもしっかりとサポートさせていただく体制を整えています。

適切な資金計画に基づいた経営が、成功のカギなのです。

継続

継承次の世代へ

成功を掴んだ後、そのブランドを継続させ、より大きくしていく用意はできていますか?

後任の育成、家族への相続、遺言…日々の業務で忙しく、自分のことが後手後手に回ってしまうことが多いと思いますが、とても大切なことです。

お仕事で時間が取れないとき、そうした身の回りのことを全般的に私たち行政書士がお手伝いします。

継承

今や、定期昇給・終身雇用制という戦後日本の高度成長を象徴する雇用環境は、崩壊しつつあります。
今後、退職金・公的年金の支給に関しても、一層厳しい環境が待ち構えていることが予想されます。
そんな中で、「雇われない働き方」が注目を集めています。
自らの腕と努力で事業を切り盛りしていく、定年なんか関係ない、そんな働き方が日本でももっと広がればいいと思っています。
小さいながら、しっかりと利益を出すことのできる個人起業家が増えることで、日本はより豊かになることができるのではないでしょうか。


どんなに困難な状況に陥っても、必ずどこかに希望はある。

自分から目を閉じなければ、必ず希望は見つかる。

私は、そう信じています。

しっかりとこの目で未来を見据え、みなさまを支えることのできる行政書士でありたいと思っています。